京都府遺族会とは

遺族会とは

京都府遺族会は、「大東亜戦争」戦没者遺族の全国組織として昭和 22年に創設された「日本遺族厚生連盟京都府支部」を前身とし、昭和24年12月、財団法人として認可されました。各都道府県には独立した遺族会が結成され、日本遺族会の支部としての役割も果たしています。京都府下市町村にも遺族会が結成され、各々さまざまな活動をしています。

一般財団法人京都府遺族会 (お問い合わせは下記事務局までご連絡下さい)
事務局:京都市西京区桂徳大寺北町81番地 電話:075-393-6050
Eメールアドレス:kyotohuizokukai@ybb.ne.jp

目的

京都府遺族会は、京都府下各市町村(校区)遺族会と連携して、英霊の顕彰、戦没者遺族の福祉増進、慰藉救済の道を開くと共に道義の昂揚、品格の涵養に努め、社会の福祉貢献と世界の恒久平和の確立に寄与することを目的とする。

役員

会長 谷垣禎一(衆議院議員)
会長代行 髙橋泰一朗
副会長 坪倉大作
副会長 吉里年和
副会長兼女性部長 伊藤章子
理事 32名
監事 3名
評議員 22名

事業

  1. 英霊の顕彰並びに慰霊に関する事業
  2. 遺族の処遇向上に関する事業
  3. 遺族の生活相談に関する事業
  4. 遺族に対する慰藉事業
  5. 遺族の表彰その他連絡、指導に関する事業
  6. 機関紙の発行に関する事業
  7. 関係官庁団体との連絡折衝に関する事業
  8. その他この法人の目的を達成する為に必要な事業

ページのトップへ戻る